本当に肌に優しいファンデーションを調査しました!

肌の負担を極限に抑えて美肌を目指す!肌に優しいファンデーション完全ガイド

肌に負担をかけないメイク術

肌が荒れないファンデーションの塗り方やメイクの方法、肌の負担が少ないと人気のミネラルファンデーションの魅力についてご紹介します。

以下で紹介するメイク方法は、乾燥肌で敏感肌の私が実際に取り入れたところ、本当に肌への負担がなくきれいに仕上がったんです(今でもこのやり方でメイクしているんですよ)。

肌に負担のかからないメイク方法を探している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

負担を減らすファンデーションの塗り方

まず、朝のメイクからご説明します。

1)スキンケア

外出時は空調による乾燥や紫外線等、外的な刺激をうけやすいので、保湿はしっかりしておきましょう。

ティッシュオフして余計な水分をなくしておくとベターです。どのタイプのファンデーションをつけるにも、これをするだけで仕上がりと崩れ方が変わってきます。

2)ファンデーション

  • ミネラルファンデーション…UVケアもできるミネラルファンデーションであれば、このあとすぐにファンデーションへ。
    1.粉を少量ずつブラシ(パフ)に含ませ、肌へ置き馴染ませていきます。
  • パウダーファンデーション
    1.スキンケア後、UVケアを付けます。(化粧下地にUVケア機能がある場合は、スキップしてOK)
    2.化粧下地→コンシーラーを付けます。
    3.ファンデーションを顔の中心から外側に優しく伸ばしていきます。
  • リキッド・クリームファンデーション
    1.スキンケア後、UVケアを付けます。(化粧下地にUVケア機能がある場合は、スキップしてOK)
    2.化粧下地→コンシーラーを付けます。
    3.ファンデーション少量を指で伸ばします。顔の中心から外側に丁寧に重ねましょう。スポンジを使用したほうがムラなく伸ばせます。

3)ハイライト

フェースパウダーなどでTゾーン・頬骨あたりにハイライトを入れます。

4)チーク

使用する人はこのタイミングで。

5)アイメイク、アイブロウ、リップ

この辺りの順番はどこからでもかまいません。

メイク直しは必要?

肌の負担を減らすなら、下地、UVケア、コンシーラーはカットしたほうがいいでしょう。もしくは下地やUVケアの必要がないミネラルファンデーションの使用をおすすめします。コンシーラーも、ミネラル成分でパウダータイプのコンシーラーを使うのがベストです。シミなどの肌トラブルを隠すコンシーラーが、肌に悪い物では意味がありませんよね。

メイク直しについては、いちばんやりやすいのはパウダーファンデーションです。コンパクトケースに収まっているものなら持ち運びも便利。リキッドやクリームタイプのファンデーションは、化粧直しがしにくいというデメリットもあります。

ではミネラルファンデーションはどうかというと、携帯用に小分けしてブラシやパフと一緒に持ち運ぶことは可能です。ただ、ミネラルファンデーションの場合、パウダーが皮脂と混ざり合って密着度が増しヨレないので、基本的に化粧直しは必要ありません。朝のメイクが夕方まで続くのがミネラルファンデの魅力です。肌につける化粧品の量が少ないことから、肌への負担ももっとも少ないファンデーションといえるでしょう。

肌が荒れないファンデーションを選ぶ

肌に負担をかけないベースメイクをする場合、大事になるのは「肌が荒れないファンデーションを選ぶ」ことです。そして「肌が荒れないファンデ=落としやすいファンデ」。

実はクレンジングは、肌に負担をかける大きな原因。肌荒れや乾燥の原因もクレンジングによることが多いといわれています。クレンジング剤には界面活性剤が入っており、そういった添加物で肌に密着したファンデの油分や汚れを強引に落とします。とくにリキッドやクリーム状のファンデーションは油分が多いことからクレンジング剤が必須。また、下地やUVカットもクレンジングが必要になります。

肌に負担をかけないために、クレンジングが必要ないファンデーションやベースメイクを選ぶようにしましょう。